作者別: admin

サンシップびいきの村上由佳から見たトリオトランCD「Liker」

ご注意!これはバイヤーズガイドではありません。あえて、知識のない私が聞いてどう思ったか、ぶっちゃけて書いてみます。
ジャス初めての人でも興味持ってもらえたら、嬉しいです。

CD  Liker  / Tri O’ Trang 全12曲
http://triotrang.helgelien.net/

Helge Lien : piano
Torben Snekkestad : Soprano & Tenor saxophone
Lars Andreas Haug : Tuba and Trumpet

こりゃまた、きれいな音色のサックス! チューバ、面白い所に入るなぁ。
全体に丁寧に演奏している感じ。そこに音色や余韻に気を使ったピアノがバックで美しく奏でている。柔らかい音色。人のいない森の中に、霧に見え隠れしながら忽然と現れた湖、ひたひたと波が足元に・・って感じかな、かと思えば、うーむ、ピアノの音が、果敢に攻める。硬質の音だ。だけど、どこか美しい響き。現代音楽を思わせられる。(あたりまえか。)ぐいぐい。どどどんどん。キン、と入る音、多彩な音色の使い分け。ピアノって、ホント奥深い。3者全体に非常にクラシックの基礎(が何か私は知りませんが)をきちんとやったのだろうなあと思えるイメージが消えない。純粋だぁ。透明だぁ。美しい。美しすぎるぞ。日本人は、こういう感じ、好きな人、かなりいるんじゃないかと思う。12曲のうち、最初から10曲までオリジナル、11曲目はピアソラ、12曲目はこりゃまたすんごい美しい声のボーカルが、三人の雰囲気を大事に大事に歌っている。はあ、どこまでも、透明感の余韻を思い切り残して、幻想の様にこのCDは終わっていく。

いつも思うけど、ジャズだからと敬遠しないで、音楽ファンはこういうのどんどん聞けばいいと思う。ジャズ知らない人が普段部屋に流れていても、イヤじゃないと思う、このCDは。

サンシップも、トリオトランも、同じドラムレス編成。サンシップはどっちかというと、火山の噴火前のマグマでふつふつとドロドロ煮えたぎって今や噴火直前状態みたいと表現すると、トリオトランは洞窟の中で天井から落ちる一滴の水の音、と言ってもいいくらい違う。サンシップは独特の高揚感、スピード感、トリオトランは浮遊感、穏やかさ、両者共に激しさの部分もあるのに、同じ激しさの表現はかなり違いがある。初来日か・・ノルウェーって、すごいきれいな国だぁ・・・。お国柄? 宗教観? ライブ、一緒にやるって、どーなるんだぁ???

・・・一気に、緊張してきた。

●ノルウェーって、どんな国か、見てみよう!駐日ノルウェー王国大使館のホームページイベント紹介のコーナー→トリオトランのプロフィール→トリオトランのホームページと進むことができます。

ノルウェー大使館ホームページ
http://www.norway.or.jp/

リンゴの香りの旅「秋田ライブ紀行」 

はじめまして。このページに登場するのは初めてです。
Sun Shipのピアノの村上です。
11/4秋田十文字町「ジョー・パス」に演奏に行きました。
Sun Shipで行くのはこれで2回目です。

出発の3日前、高山(ds)の車が故障しました。
「高山カー」は、軽のハコバンで、僕らはこれで日本全国どこでも行きます。

思い起こせば、去年のやはり「ジョー・パス」へ行く途中の高速道路を走っている途中、「カランカラン・・」と言う音がして、川崎(b)曰く、「村上さん、何か、落ちましたね」
村上「走りよるから、大丈夫やろ。」
と言ってまもなく、急激にスピードダウン。
幸い、サービスエリアが近かったので、車を止め、JAFに連絡し、車を修理工場に持っていきました。
そこでレンタカーを借り(ハイエーススーパーロング)、高山カーの倍ぐらいある車で、
「こりゃ、後ろで寝れるわい」と、出費はかさみましたが、それはそれで快適なライブツアーでした。

今回、故障したのは丁度高山(Ds)が帰省中の時だったので、 高山兄に車を借り、事なきを得ました。
この車はやはり軽のハコバンなんですが、高山カーよりはランクが上のようです。ターボエンジンでジェット機の様な音を出してよく走りました。

さて、肝心のライブですが、大好評で店主曰く、 「毎年11月頃の恒例ライブにしたい」とのこと。 大変嬉しく思っております。

ライブの次の日、リンゴ畑の見える道を通り、温泉に連れていって下さり、 (リンゴが木になっているところを初めて見ました! ちょっと感激。) その後、マスターの知り合いのお寺でリンゴをいただきました。 うまかったです。

帰りは、連休最後の日とあって、渋滞がかなりひどく、 高山兄のジェットエンジンカーも活かせず、けっこうしんどかったものの、 充実したいい旅でした。

「ジョー・パス」のマスターはじめ、ライブに来て下さった皆さん、ありがとう。 ママさん、豚汁うまかったです。

それではっ!  私、またいつかこのページに登場します。

村上俊二p